コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤坂忠正 あかさかただまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤坂忠正
あかさかただまさ

[生]? 京都
[没]明暦3(1657).江戸
江戸時代初期の鐔 (つば) 工。寛永年間に江戸赤坂に移住。赤坂派の初代。庄右衛門または庄左衛門と称し,2代目も忠正,庄左衛門と称した。幕末の9代目忠時にいたるまで赤坂鐔の家門が継承され,鉄地透かし鐔の四大主流の一派として繁栄。作品は厚手の鉄地で丸形の透かし鐔が多く,文様を残し地を透かし彫とする手法を好む。すべて無名で在銘のものは存在しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤坂忠正 あかさか-ただまさ

?-1657 江戸時代前期の装剣金工。
寛永のころ京都から江戸赤坂にうつり,鐔(つば)つくりとして一派をおこしたとつたえられる。その鐔を赤坂鐔,一門を赤坂派という。鉄の鍛錬がよく,透かし彫りにたくみであった。以後赤坂派は幕末までつづいた。明暦3年死去。通称は庄左(右)衛門。屋号雁金屋(かりがねや)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あかさかただまさ【赤坂忠正】

?~1657) 江戸初期の鐔工たんこう。京都より江戸赤坂に移住。名は庄右衛門。尾張鐔つばに似て当代風な図柄の鉄透かし鐔を造り大いに流行、一門は後代まで栄えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赤坂忠正の関連キーワード後代図柄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android