コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線療法 セキガイセンリョウホウ

デジタル大辞泉の解説

せきがいせん‐りょうほう〔セキグワイセンレウハフ〕【赤外線療法】

赤外線を照射し、その温熱作用を利用して病気を治療する方法。神経痛筋肉痛関節リウマチなどに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤外線療法
せきがいせんりょうほう
infrared treatment

赤外線を利用した光線療法の一つで、波長0.77~400マイクロメートルの電磁波を用いる。主として赤外線の温熱作用によって毛細血管を拡張させ、充血をおこさせる。紫外線とは異なり、潜伏期間なしにただちに皮膚に発赤を生じる。反復すると、紫外線の場合よりも深層の皮膚に斑(はん)状の色素沈着(大理石様皮斑)を生じる。一般に、快い温感を与え、照射部位の皮膚に発赤が均等に生じ、斑点状の発赤がみられない程度の距離を置いて20~30分間照射する。関節リウマチや筋肉リウマチ、腰痛、神経痛、神経炎、粘液嚢(のう)炎、凍傷、凍瘡(とうそう)などに適用される。しかし、急性炎症や化膿(かのう)性疾患には禁忌とされている。なお、赤外線も目を傷めるおそれがあるので、顔に照射するときは、水に浸したガーゼや脱脂綿で目を覆って保護する必要がある。[小嶋碩夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤外線療法の言及

【物理療法】より

…広く光,熱,水,電気,および機械的なものなど物理的な作用を利用する治療法をいう。(1)光線の利用 230~5000μmの波長を有する電磁波エネルギーを用いるもので,紫外線療法と赤外線療法がある。紫外線療法は紫外線の殺菌作用や生体に対する刺激作用を利用し,赤外線療法は赤外線の温熱作用を利用する。…

※「赤外線療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

赤外線療法の関連キーワード紫外線療法フィンセン電気療法物理療法角膜炎

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android