赤外線療法(読み)セキガイセンリョウホウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤外線療法
せきがいせんりょうほう
infrared treatment

赤外線を利用した光線療法の一つで、波長0.77~400マイクロメートルの電磁波を用いる。主として赤外線の温熱作用によって毛細血管を拡張させ、充血をおこさせる。紫外線とは異なり、潜伏期間なしにただちに皮膚に発赤を生じる。反復すると、紫外線の場合よりも深層の皮膚に斑(はん)状の色素沈着(大理石様皮斑)を生じる。一般に、快い温感を与え、照射部位の皮膚に発赤が均等に生じ、斑点状の発赤がみられない程度の距離を置いて20~30分間照射する。関節リウマチや筋肉リウマチ、腰痛、神経痛、神経炎、粘液嚢(のう)炎、凍傷、凍瘡(とうそう)などに適用される。しかし、急性炎症や化膿(かのう)性疾患には禁忌とされている。なお、赤外線も目を傷めるおそれがあるので、顔に照射するときは、水に浸したガーゼや脱脂綿で目を覆って保護する必要がある。[小嶋碩夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せきがいせん‐りょうほう セキグヮイセンレウハフ【赤外線療法】

〘名〙 光線療法の一つ。赤外線の温熱作用を利用して患部に照射して治療する。神経痛、リウマチ凍傷などに有効。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の赤外線療法の言及

【物理療法】より

…広く光,熱,水,電気,および機械的なものなど物理的な作用を利用する治療法をいう。(1)光線の利用 230~5000μmの波長を有する電磁波エネルギーを用いるもので,紫外線療法と赤外線療法がある。紫外線療法は紫外線の殺菌作用や生体に対する刺激作用を利用し,赤外線療法は赤外線の温熱作用を利用する。…

※「赤外線療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android