コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤沢朝経 あかざわ ともつね

3件 の用語解説(赤沢朝経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤沢朝経 あかざわ-ともつね

?-1507 室町-戦国時代の武将。
小笠原氏の一族。管領(かんれい)細川政元の重臣として,幕府料所河内(かわち)(大阪府)17ヵ所の給人や山城(京都府)上3郡守護代などをつとめる。永正(えいしょう)4年丹後(京都府)で一色(いっしき)義有(義季(よしすえ))と対陣中,政元暗殺の報をきき京都にかえる途中,宮津で一色方の国人一揆(いっき)に包囲され6月26日自害。通称は源次郎。号は沢蔵軒宗益。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤沢朝経

没年:永正4.6.26(1507.8.4)
生年:生年不詳
室町時代の武将,室町幕府管領細川政元の内衆。沢蔵軒宗益。加三。信濃国小笠原氏の一族であったが,延徳3(1491)年将軍足利義材(義稙)の近江出陣に従軍した際,政元に鷹狩の技能を認められてその被官となった(尊経閣本『不問物語』)。延徳4年2月9日付の『蔭凉軒日録』で朝経の鷹狩が話題となっているところをみると,上洛したのはそれ以前であろう。その後,山城国上3郡(久世,綴喜,相楽)守護代となり,明応5(1496)年遊佐弥六左衛門を山城国に攻撃し,8年2月河内国17カ所代官に補任され,同年7月比叡山を攻撃,同年9月山城国に畠山尚順勢を攻撃するなど政元の部将として活躍した。同年12月から文亀1(1501)年6月まで大和国に進軍,興福寺は神木を動座して朝廷に朝経退陣を要求した。同2年4月被官籾井,依利の両名に楊本荘を攻撃させたが,これに敗れると5月再び大和国に進軍,西大寺を炎上させるなどした。永正1(1504)年3月政元に反逆するが,薬師寺元一の執り成しによって6月赦免されて上洛。次いで同年9月元一の反乱が起こると,朝経もそれに与同した。2年6月再び赦免されて上洛し,政元より元のごとく山城上3郡の守護代に再任された。3年8月,畠山方国人筒井・越智氏らの征討のため大和国に進撃,法華寺や菩提山正暦寺,多武峰などで大合戦が展開された。同4年6月政元暗殺の際,丹後国一色義有方の一揆に包囲されて自殺。鷹狩の書『宗益相伝書』が残る。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あかざわともつね【赤沢朝経】

?‐1507(永正4)
戦国期の武将。小笠原氏の庶流。法名沢蔵軒宗益。管領細川政元の重臣として1499年(明応8)ころより活躍。山城国槙島を本拠として河内に畠山尚順・義英を攻め,大和において筒井氏らと対決した。一時政元と不和になったが許され,1507年京都で政元が討たれたことを聞き丹後より帰還しようとしたが,途中同地国人らの包囲を受け自害した。時に57歳であったとする説もある。【村岡 幹生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤沢朝経の関連キーワード細川政国細川持之管領細川満元細川頼元三管領細川上原元秀細川政之細川義春

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone