コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤色筋 せきしょくきん red muscle

4件 の用語解説(赤色筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤色筋
せきしょくきん
red muscle

脊椎動物の横紋筋のうち,赤褐色の強いものをいう。心臓筋,呼吸筋,鳥類の胸筋のように,持続的活動を要求される筋肉にみられる。色は,筋組織中に酸素を確保する役割をもつミオグロビンに由来し,ミオグロビンの少い,無色の白色筋と対比される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せきしょく‐きん【赤色筋】

遅筋線維

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

赤色筋

 赤筋ともいう.骨格筋のうち,ミオグロビン含量が比較的多いため赤くみえる筋肉.白色筋に対していう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤色筋
せきしょくきん

脊椎(せきつい)動物の横紋筋のうち、筋形質中に多量のチトクロムやミオグロビンを含むことにより赤色を呈するものをいう。これに対するものとして白色筋がある。心臓筋はつねに赤色筋で、このほかに呼吸筋、飛翔(ひしょう)性鳥類の胸筋、回遊性魚類の血合肉などが赤色筋である。また、多くの筋肉は、赤色筋繊維と白色筋繊維がさまざまな比率で混合したものである。白色筋が嫌気的収縮を行い収縮が速いのに対して、赤色筋は好気的収縮を行い収縮速度が低いが収縮の持続性は高い。ただし、筋肉の色と機能的側面とはかならずしも対応しない。たとえば、潜水性の鳥類、哺乳(ほにゅう)類の赤色筋は多量のミオグロビンを含むが、その収縮速度はけっして低くない。[馬場昭次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤色筋の関連キーワード横紋筋血リンパ後生動物前脳平滑筋無脊椎動物触覚器官端脳微胞子虫目平滑筋線(繊)維

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone