赤錆色(読み)あかさびいろ

色名がわかる辞典の解説

あかさびいろ【赤錆色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い黄赤」としている。一般に、赤茶を少し暗くした色のこと。鉄分に生じる錆の色をイメージした錆色に赤みが加わったもの。江戸時代、本来の色合いを灰色でくすませ「錆」という名称をそえる手法が流行した。たとえば納戸なんどをくすませたのが錆納戸。錆色も江戸時代の命名とされるが、赤錆色は現代にできた色名。鉄でできた屋根や階段などの錆び止めを行うとき、下塗りに使うペイントが赤錆色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あかさび‐いろ【赤錆色】

〘名〙 赤さびのような色。
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「国境の山々は赤錆色が深まって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android