コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤錆色 あかさびいろ

色名がわかる辞典の解説

あかさびいろ【赤錆色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い黄赤」としている。一般に、赤茶を少し暗くした色のこと。鉄分に生じる錆の色をイメージした錆色に赤みが加わったもの。江戸時代、本来の色合いを灰色でくすませ「錆」という名称をそえる手法が流行した。たとえば納戸なんどをくすませたのが錆納戸。錆色も江戸時代の命名とされるが、赤錆色は現代にできた色名。鉄でできた屋根や階段などの錆び止めを行うとき、下塗りに使うペイントが赤錆色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あかさびいろ【赤錆色】

赤錆のような暗い黄赤色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤錆色の関連キーワードアカテツ(赤鉄)オシドリ錆絵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android