赤錆色(読み)あかさびいろ

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い黄赤」としている。一般に、赤茶を少し暗くした色のこと。鉄分に生じる錆の色をイメージした錆色に赤みが加わったもの。江戸時代、本来の色合いを灰色でくすませ「錆」という名称をそえる手法が流行した。たとえば納戸なんどをくすませたのが錆納戸色も江戸時代の命名とされるが、赤錆色は現代にできた色名。でできた屋根階段などの錆び止めを行うとき、下塗りに使うペイントが赤錆色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 赤さびのような色。
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「国境の山々は赤錆色が深まって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android