コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤電話 アカデンワ

2件 の用語解説(赤電話の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あか‐でんわ【赤電話】

主に店頭などに設置されていた電話の通称。また一般に、公衆電話。かつて、電電公社NTTが設置した委託公衆電話が赤色だったことからの名。平成7年(1995)に廃止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤電話の言及

【公衆電話】より

…(1)街頭公衆電話 公衆電話ボックスに取りつけられたボックス型のものと駅頭などに見られる卓上型のものでボックス型には市外通話に便利な100円硬貨も使える黄電話と,10円硬貨用の青電話があった。(2)店頭公衆電話 タバコ屋や駅の売店に設置されたいわゆる赤電話。(3)農村公衆電話 電話の普及が遅れている農山村に設けられる。…

※「赤電話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤電話の関連情報