コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カク

大辞林 第三版の解説

かく【赫】

( トタル ) [文] 形動タリ 
かがやくさま。さかんに光るさま。転じて、名誉をたたえ顕彰するのにいう。 「 -と面照る火光ひかり/自然と人生 蘆花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赫の関連キーワードモンローのような女チャン・ヒョクチュ上山 鳥城男愛と希望の街月夜に消える同級生たち赫い髪の女上山鳥城男五瓣の椿親日文学古画品録中川稔晴君塚樹石残菊物語宮下順子急き立つ鳥居素川輝き渡る骨法用筆気韻生動

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赫の関連情報