コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰越 コシゴエ

3件 の用語解説(腰越の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こしごえ【腰越】

神奈川県鎌倉市南西端の地名。源義経(みなもとのよしつね)腰越状を書いた地。鎌倉時代には、鎌倉の外の宿駅。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こしごえ【腰越】

◇ 神奈川県鎌倉市の地名。七里ヶ浜の西に続く海岸。中世、鎌倉入りの宿駅が置かれた所。源義経の「腰越状」起草の地として知られる。
幸若舞こうわかまいの一。平宗盛を生け捕りにした義経一行の東国下りと、腰越状の件くだりを描いたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腰越
こしごえ

神奈川県鎌倉市南西端の地区。旧鎌倉郡腰越町。鎌倉市街地の西方、相模(さがみ)湾に面した街村型市街地(もとは農漁村)。江ノ島電鉄線が通ずる。相模湾岸の展望は広大。鎌倉開府以後は鎌倉―大磯(おおいそ)間の宿駅の一つ。鎌倉へ出入りする諸将の休泊についての記録、伝承が多く、なかでも1185年(文治1)に源義経(よしつね)が平宗盛(むねもり)らの捕虜を護送してきたが、兄頼朝(よりとも)から鎌倉入りを差し止められ、腰越で抑留された史話は有名。現在、義経らが滞留したと伝えられる満福寺が残っている。腰越は当時西の竜口(たつのくち)と一村をなして鎌倉西方の刑場の地とされ、またかつてはここは漁村で漁船の舟出地であり、いまも「櫓漕唄(ろこぎうた)」(民謡舟唄)や「舟謡(ふなうたい)」が伝えられる。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腰越の関連キーワード大船鎌倉女子大学高徳院光触寺極楽寺坂最明寺扇ヶ谷谷倉鎌倉芸術館鎌倉能舞台

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腰越の関連情報