コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起筆 キヒツ

デジタル大辞泉の解説

き‐ひつ【起筆】

[名](スル)文章を書きはじめること。筆を起こすこと。⇔擱筆(かくひつ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きひつ【起筆】

( 名 ) スル
書き始めること。かきおこし。 ⇔ 擱筆かくひつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

起筆の関連キーワード書き起こし・書き起しソロルサノ・ペレイラ恋するオルランド筆立て・筆立おくのほそ道安楽庵策伝赤松再興記喜田川守貞ワーズワス国木田独歩地方凡例録利根川図志断腸亭日乗イーゴリ公甲子夜話飯田武郷手前味噌中江藤樹曾我物語徳富一敬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起筆の関連情報