コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超新星1987A ちょうしんせいいちきゅうはちななエーsupernova 1987A

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超新星1987A
ちょうしんせいいちきゅうはちななエー
supernova 1987A

1987年2月 23日に隣の銀河「大マゼラン雲」に出現したタイプ II超新星。肉眼で見える超新星としては,1604年のケプラーの星以来のもの。重力崩壊の際のニュートリノ放出,元素合成,チリの形成など,理論の予測の正しいことが,岐阜県神岡にあるニュートリノ検出器,南半球の天文台,紫外線天文衛星 IUE,X線天文衛星ぎんが」,空飛ぶ天文台カイパー,気球などによる総合的な観測によって証明された。これ以外に,爆発の際に大規模攪拌 (かくはん) が起こること,青色超巨星でも条件によっては爆発することなど,新たに分かったことも多い。また,超新星から放射された光が周りの星間雲に反射し,超光速のエコーをつくり出すなど,多くの話題を提供した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

超新星1987Aの関連キーワード超新星ニュートリノニュートリノ天文学電子ニュートリノカミオカンデマゼラン星雲超新星エコー重力収縮主系列星小柴昌俊

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android