趙孟【ふ】(読み)ちょうもうふ

百科事典マイペディアの解説

趙孟【ふ】【ちょうもうふ】

中国,元代の書家,画家,儒者。浙江省の人。字は子昂(すごう),号は松雪道人。元代美術界における復古主義の指導者で,書では王羲之の典型に,画では唐・北宋の画風に立ち返ることを主張実践し,高位高官の文人であったため,その影響力は絶大であった。妻の管道昇(かんどうしょう)〔1262-1319〕も墨竹と書をよくした。
→関連項目王淵王蒙黄公望朱徳潤任仁発傅山文徴明

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android