コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王淵 おうえんWang Yuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王淵
おうえん
Wang Yuan

中国,元末の画家。杭州銭塘 (浙江省) の出身。字は若水,号は澹軒。趙孟 頫 (ちょうもうふ) の弟子。山水画法は郭煕花鳥画法は黄筌,人物画法は唐の周 昉をそれぞれ師として修得した。なかでも花鳥画を得意とし,勾勒填彩 (こうろくてんさい) 画法による作風を特色とした。伝称作品に『竹石集禽図』 (上海博物館) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

王淵【おうえん】

中国,元代の画家。浙江の人。字は若水。趙孟【ふ】に学び水墨画花鳥画にすぐれた。山水画は郭煕,花鳥画は黄筌,人物画は唐代の画家にならい,南宋院体画の形式主義を脱却したといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうえん【王淵 Wáng Yuān】

中国,元代後期の画家。生没年不詳。字は若水,号は澹軒,浙江省銭塘の出身。若いころ,趙孟頫(ちようもうふ)の指導を受け,山水は郭熙,花鳥は黄筌,人物は唐人の作品などの古人を学んだ。天暦年間(1328‐29),金陵の大竜翔寺の壁画制作にたずさわったこともある。作品では花鳥画がもっとも有名で,北宋風な複雑な構成と,明確な輪郭線で描かれた作例が数点現存する。《竹石集禽図》(上海博物館)は代表的作品である。【海老根 聰郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

王淵の関連キーワード大地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android