コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙治勲 チョ チフン

3件 の用語解説(趙治勲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

趙治勲 チョ-チフン

ちょう-ちくん

趙治勲 ちょう-ちくん

1956- 昭和後期-平成時代の囲碁棋士。
1956年6月20日韓国釜山生まれ。昭和37年6歳で来日し,木谷実に入門。43年初段,56年9段。昭和55年名人位を獲得し,以後5連覇(通算8期)。56年本因坊も獲得。62年碁界初の公式戦七大タイトル制覇を達成。昭和58年と平成8年に名人,本因坊,棋聖の三大タイトルを独占する大三冠。10年史上初の本因坊10連覇。名誉名人,名誉本因坊(号は治勲)の資格をもつ。20年1300勝を達成。22年通算1364勝をあげて林海峰のもつ最多勝記録をぬいて史上1位となる。韓国語読みはチョ-チフン。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

趙治勲
ちょうちくん
(1956― )

囲碁棋士。韓国のソウル市生まれ。1962年(昭和37)6歳のとき来日し、木谷実九段に入門。1968年史上最年少の11歳で入段、15歳で5段、19歳で7段という驚異的な昇段を果たし、24歳での九段到達は日本棋院の最年少記録。1980年名人位を獲得、以後1984年まで5連覇し、名誉名人の資格を得た。1981年本因坊、1982年十段位、1983年棋聖位を獲得。1986年交通事故に遭ってから次々とタイトルを失うが、1987年には天元を獲得。1988年十段位を奪回。1990年(平成2)世界選手権優勝。1993年8年ぶりに棋聖位。1994年王座、1996年本因坊8連覇を達成。同年王座を失うが、名人位を獲得し、13年ぶり二度目の大三冠(名人・棋聖・本因坊)を達成。大三冠達成は棋界ただ一人。1980年韓国銀冠文化勲章受章。1996年棋道賞最優秀棋士賞受賞、同賞を通算6回受賞。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

趙治勲の関連キーワード意雲梶原武雄菊池康郎日下包夫小林光一小林礼子武宮正樹橋本昌二依田紀基結城聡

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

趙治勲の関連情報