コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木谷実 きたにみのる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木谷実
きたにみのる

[生]1909.1.25. 神戸
[没]1975.12.19. 神奈川,平塚
囲碁棋士。鳥居鍋次郎,鴻原正広,久保松勝喜代らに師事し,1921年上京,鈴木為次郎門下となる。 24年2月中央棋院で入段し,その年の日本棋院創立に参加。若い頃「怪童丸」の異名をとり,33年秋呉清源とともに新布石旋風を起した。 38年本因坊秀哉の引退に際し「本因坊名人引退」の相手に選ばれた。翌年呉と十番碁を打ち,打込まれた頃から勝負運が下降しはじめ,第2次世界大戦後3度の本因坊挑戦もむなしい結果となった。 56年9段に昇進。後進の育成の志厚く,一門の段は 300を突破,名人本因坊,十段など多くのタイトルを総ざらいするにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

木谷実【きたにみのる】

囲碁棋士,9段。神戸生れ。鈴木為次郎門下。呉清源と並び称され,昭和初期の碁界に〈新布石時代〉を画したが,タイトルには恵まれなかった。多くの門下がいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木谷実 きたに-みのる

1909-1975 大正-昭和時代の囲碁棋士。
明治42年1月25日生まれ。小林礼子の父。大正10年鈴木為次郎の門にはいる。昭和8年呉清源(ご-せいげん)と新布石を提唱。13年本因坊秀哉(しゅうさい)名人の引退碁で名人を破る。31年9段。本因坊に3度挑戦したが敗れ,悲劇の棋士といわれた。内弟子を養成し,木谷道場からは大竹英雄,加藤正夫,武宮正樹,石田芳夫,小林光一,趙治勲(ちょう-ちくん)らおおくの棋士を輩出した。昭和50年12月19日死去。66歳。平成22年囲碁殿堂入り。兵庫県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木谷実
きたにみのる
(1909―1975)

棋士。神戸市に生まれる。1917年(大正6)鳥井鍋次郎(なべじろう)五段に教えを受ける。24年15歳で初段。33年(昭和8)秋の大手合で呉清源(ごせいげん)とともに新布石を発表し、この年六段となる。38年本因坊秀哉(しゅうさい)名人引退碁の対戦者となり、先番五目勝ち。川端康成の『名人』はこの対戦をモデルとしている。56年九段。57年、58年の第2期、第3期最高位戦で優勝した。棋風は力戦型で、若いころから怪童丸という異名をとった。門下に岩田達明、大平修三、加田克司、大竹英雄(ひでお)、石田芳夫、加藤正夫、武宮正樹(まさき)、小林光一、趙治勲(ちょうちくん)らの俊秀が輩出している。小林礼子六段は次女。65年紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章した。[河野直達]
『『木谷実全集』全5巻(1977~78・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木谷実の言及

【碁】より


[現代の名棋士]
 昭和前半の碁界は,1928年来日した北京生れの呉清源(1914‐ )の活躍が目を引く。33年木谷実(1909‐75)とともに世に問うた〈新布石〉はそれまでの布石の常識を根底から揺さぶり,碁に新しい座標を与えた。碁の可能性が一段と広がったのである。…

※「木谷実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木谷実の関連キーワード久保松 勝喜代本因坊 秀哉久保松勝喜代大平 修三前田 陳爾木谷 美春本因坊戦安永 一昭和時代木谷美春大平修三安永一

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木谷実の関連情報