コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利氏木像梟首事件 あしかがしもくぞうきょうしゅじけん

2件 の用語解説(足利氏木像梟首事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利氏木像梟首事件
あしかがしもくぞうきょうしゅじけん

文久3 (1863) 年2月 22日夜,京都衣笠山麓にある足利氏の菩提寺等持院所蔵の足利氏歴代将軍の木像のうち,尊氏,義詮,義満の首を三条河原にさらした事件。足利氏に仮託して徳川討幕の意を表現したもので,参加者は小室信夫をはじめ富商,農民,医師,浪士ら十数人であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足利氏木像梟首事件
あしかがうじもくぞうきょうしゅじけん

幕末の尊攘(そんじょう)運動のなかで、徳川将軍に天誅(てんちゅう)を加える意を示すため、足利将軍3代の木像の首をさらした事件。1863年(文久3)2月22日、京都等持院(とうじいん)に安置されていた尊氏(たかうじ)、義詮(よしあきら)、義満(よしみつ)の木像の首を引き抜き、三条河原にさらし、幕府に対し有志の挙兵を訴えた。主謀者は、三輪田綱一郎(元綱)、師岡正胤(もろおかまさたね)(節斎)ら平田派の国学者のほか、長尾郁三郎、小室利喜蔵(こむろりきぞう)(信夫(しのぶ))、西川善六など商人や豪農、浪人が多く、尊攘激派の先駆けであった。[池田敬正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足利氏木像梟首事件の関連キーワード伏原宣明山川正宣日夜太田峰三郎鈴木源内辻則正永田仁助松平康圭宮地益躬山内豊賢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone