コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条河原 サンジョウガワラ

大辞林 第三版の解説

さんじょうがわら【三条河原】

京都市を流れる鴨川の三条通り付近の河原。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三条河原
さんじょうがわら

京都市街を流れる鴨(かも)川の三条大橋付近の河原。三条大橋は長さ74メートル、幅15.5メートル、擬宝珠高欄(ぎぼしこうらん)付きのコンクリート橋で、擬宝珠に1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉が架けさせたときの旧態をとどめている。中世には河原は戦場や刑場となり、1595年(文禄4)豊臣秀次(ひでつぐ)の自害後、秀吉が秀次の妻子や侍女をこの河原で処刑したことは有名。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三条河原の関連キーワード足利氏木像梟首事件石川五右衛門おきいの方仙石佐多雄お伊万の方佐久間盛政池田屋事件小室信夫ルラーブ豊臣秀次高松信行長束正家織田武雄伊賀兼長船田義昌大庭恭平伊賀光長するり三条通近藤勇

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android