コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足踏織機 あしぶみしょっき

2件 の用語解説(足踏織機の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

足踏織機【あしぶみしょっき】

動力を機械力によらず人間の足踏みから得る織機。踏木を踏むだけで,綜絖(そうこう)(開口),杼(ひ)(緯(よこ)入れ),筬(おさ)(緯打ち)など製織に必要なすべての運動が,クランク軸の回転から自動的に導かれる。
→関連項目織機手機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足踏織機
あしぶみしょっき

踏木(ふみき)を踏む足の運動を動力源とし、製織の開口(かいこう)、杼(ひ)投げ、筬(おさ)打ち、巻取りなどの運動が連動して行われる織機。1802年にイギリスのウィリアム・ラドクリフWilliam Radcliffeが発明、バッタン装置に比べて、手の操作が一段と解放された。手機(てばた)から力織機(りきしょっき)への過渡的な織機として、わが国でも木綿生産地で、半木製の小幅織機に改良されたものが使われたが、現在では木綿絣(がすり)の生産にわずかに使用されているにすぎない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

足踏織機の関連キーワード足踏み足踏み板機械化自走天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず人は見かけによらぬもの踏み被り踏み被る足踏みミシン見掛けによらない

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone