コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足踏織機 あしぶみしょっき

2件 の用語解説(足踏織機の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

足踏織機【あしぶみしょっき】

動力を機械力によらず人間の足踏みから得る織機。踏木を踏むだけで,綜絖(そうこう)(開口),杼(ひ)(緯(よこ)入れ),筬(おさ)(緯打ち)など製織に必要なすべての運動が,クランク軸の回転から自動的に導かれる。
→関連項目織機手機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足踏織機
あしぶみしょっき

踏木(ふみき)を踏む足の運動を動力源とし、製織の開口(かいこう)、杼(ひ)投げ、筬(おさ)打ち、巻取りなどの運動が連動して行われる織機。1802年にイギリスのウィリアム・ラドクリフWilliam Radcliffeが発明、バッタン装置に比べて、手の操作が一段と解放された。手機(てばた)から力織機(りきしょっき)への過渡的な織機として、わが国でも木綿生産地で、半木製の小幅織機に改良されたものが使われたが、現在では木綿絣(がすり)の生産にわずかに使用されているにすぎない。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone