コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡を垂る アトヲタル

1件 の用語解説(跡を垂るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

跡(あと)を垂(た)・る

《「垂迹(すいじゃく)」を訓読みにした語》仏や菩薩(ぼさつ)が衆生(しゅじょう)を救うため、仮に神の姿になって現れる。
「南には八幡大菩薩、男山に―・れ」〈保元・上〉
模範を示す。また、模範とする。
「弥陀次郎が跡垂れて発心もならざれば」〈浮・永代蔵・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

跡を垂るの関連キーワード訓読み垂迹垂迹画本迹三つの道緑の髪和光垂迹読破る利物の垂迹

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone