コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跡を垂る アトヲタル

デジタル大辞泉の解説

跡(あと)を垂(た)・る

《「垂迹(すいじゃく)」を訓読みにした語》仏や菩薩(ぼさつ)が衆生(しゅじょう)を救うため、仮に神の姿になって現れる。
「南には八幡大菩薩、男山に―・れ」〈保元・上〉
模範を示す。また、模範とする。
「弥陀次郎が跡垂れて発心もならざれば」〈浮・永代蔵・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

跡を垂るの関連キーワード八幡大菩薩けむ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android