跡見学園女子大学(読み)あとみがくえんじょしだいがく

  • あとみがくえんじょしだいがく あとみガクヱンヂョシダイガク
  • あとみがくえんじょしだいがく〔あとみガクヱンヂヨシダイガク〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

私立女子大学。1875年に跡見花蹊が東京神田猿楽町に設立した跡見学校を起源とする。1913年跡見女学校,1944年跡見高等女学校となり,1950年跡見学園女子短期大学設立を経て,1965年埼玉県新座市に 4年制大学を設置,文学部を置いた。2002年マネジメント学部を開設。2005年に大学院を開設。本部所在地は東京都文京区。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

埼玉県新座(にいざ)市などにある私立大学。昭和40年(1965)に開学した。明治8年(1875)開学の日本人創設の最も古い女子教育機関、「跡見学校」以来の伝統を誇る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

埼玉県新座市にある私立の大学。明治八年(一八七五)跡見花蹊創立の跡見学校に始まる。跡見女学校、跡見高等女学校を経て昭和二五年(一九五〇)短大を設け、同四〇年に大学を創設。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の跡見学園女子大学の言及

【跡見花蹊】より

…跡見女学校は中流以上の家庭の子女を対象に,国語,漢学,習字,裁縫,挿花,点茶,絵画,算術を教え,とくに和歌,絵画,習字に比重をかけた教育を行い,伝統的な日本婦徳の養成に力を注ぎ,のちの日本における女子中等教育に大きな影響を与えた。第2次大戦後は女子短期大学(1950),4年制の跡見学園女子大学(1965)も付設。また彼女は,愛国婦人会(1901発足)発起人の一人として,さらに処女会中央部(1918発足)の理事の一人として,国家主義的立場をからませた既婚婦人や女子青年の社会教育にも尽力した。…

※「跡見学園女子大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

跡見学園女子大学の関連情報