コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ ミヲステテコソウカブセモアレ

とっさの日本語便利帳の解説

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

全てを投げうつ覚悟で事に臨めば、道が開けることもある。思い切って身体を水中に沈めれば逆に浮かび上がることもあるという経験則だが、本来は「でも……」と続くはずが、励ましの意味で使われるから、ことば面は現実的で使用は理想的。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

みをすててこそうかぶせもあれ【身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ】

一身を犠牲にする覚悟があってこそ、活路を見いだすことができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれの関連キーワード浮かぶ瀬一身有る活路

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれの関連情報