コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身丁銭米 しんていせんまい shēn dīng qián mǐ

1件 の用語解説(身丁銭米の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんていせんまい【身丁銭米 shēn dīng qián mǐ】

中国,五代から宋にかけて,主戸客戸を問わず,20歳から59歳まで,すべての成年男子に課された人頭税。〈丁口の賦〉として天下の五賦のひとつにあげられている。原則として銭納であったが,丁絹・丁麦・丁米などもあり,両税(両税法)の夏税徴収時に同時に徴収された。四川・華北にはなかった。北宋で1011年(大中祥符4),全国の身丁銭45万余貫がいったん免除されたが,まもなく復活,以後,短期の免除をくり返しながら南宋まで存続する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

身丁銭米の関連キーワード厭勝銭江西詩派五代史十人組秘色北漢里甲制掛けて古銅器陳希夷

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone