コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身丁銭米 しんていせんまいshēn dīng qián mǐ

1件 の用語解説(身丁銭米の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんていせんまい【身丁銭米 shēn dīng qián mǐ】

中国,五代から宋にかけて,主戸客戸を問わず,20歳から59歳まで,すべての成年男子に課された人頭税。〈丁口の賦〉として天下の五賦のひとつにあげられている。原則として銭納であったが,丁絹・丁麦・丁米などもあり,両税(両税法)の夏税徴収時に同時に徴収された。四川・華北にはなかった。北宋で1011年(大中祥符4),全国の身丁銭45万余貫がいったん免除されたが,まもなく復活,以後,短期の免除をくり返しながら南宋まで存続する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone