コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車田 くるまだ

世界大百科事典 第2版の解説

くるまだ【車田】

田の中央から外へ円形に回りながら植える田植の方法およびこの方法で田植をした田をいう。新潟,岩手,岐阜,富山などの旧家の特定の田に伝承される。田の神の降臨を迎え,田植歌などを唱和しながら行われる。大田植や花田植などの儀礼に連なる儀礼で,佐渡の北鵜島の例が著名である。なお,この逆に,畝に沿って田の外側から中央へ植えていく田植の方法もあり,岩手・秋田県下ではマワリウエと呼んでいる。【大島 暁雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

車田の関連情報