コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車田 くるまだ

1件 の用語解説(車田の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くるまだ【車田】

田の中央から外へ円形に回りながら植える田植の方法およびこの方法で田植をした田をいう。新潟,岩手,岐阜,富山などの旧家の特定の田に伝承される。田の神の降臨を迎え,田植歌などを唱和しながら行われる大田植や花田植などの儀礼に連なる儀礼で,佐渡の北鵜島の例が著名である。なお,この逆に,畝に沿って田の外側から中央へ植えていく田植の方法もあり,岩手・秋田県下ではマワリウエと呼んでいる。【大島 暁雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

車田の関連キーワード蹴返し然り乍ら宝の山に入りながら手を空しくして帰る船底植え回り階段植田倶利迦羅落し心ながら曲り形にも走りながら解決する

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車田の関連情報