軍役帳(読み)ぐんやくちょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんやくちょう【軍役帳】

戦国大名または近世大名が,家臣の1人ごとにその提供すべき軍役の内容と量を割り当てるために作成した帳面。単に役帳ともいう。戦国大名のものでは,小田原北条氏の《小田原衆所領役帳》(1559)が著名であり,これに登録された貫高を基準に年々の異動が加味されて,個々の家臣が出陣に際して携行すべき鉄砲・鎗・と,これらを操作する戦闘員の数が定められた。近世では,家臣の軍役は石高を基準に決定されたが,それには知行高に応じて武器と従者の数を計算して割り当てた帳面が必要であったことは,戦国期と同様であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android