軍毅(読み)ぐんき

精選版 日本国語大辞典「軍毅」の解説

ぐん‐き【軍毅】

〘名〙 令制で、諸国の軍団(千人以下)を統率する大毅・小総称
※正倉院文書‐天平五年(733)越前国郡稲帳「元日刀禰郡司及軍毅并参拾弐人食料、稲陸拾肆把」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「軍毅」の解説

ぐんき【軍毅】

日本古代の軍団職員。国司の指揮下におかれ,軍団の業務に配置された一種国衙の下級官人。軍団は兵士を徴発し,兵士,武器,兵糧征軍に提供する軍事組織であり,兵士引率の規模に対応して一軍団に1~2人の軍毅が任命された。軍団職員は,軍毅(大毅,少毅,毅)のほか,校尉旅帥,隊正,主帳が通常任命され,少数規模の兵士引率に際しては校尉(二百長),旅帥(百長),隊正(五十長)が責任者ともなった。このような軍団職員の用語,構成,職務については唐軍制をほぼ模したものだが,軍毅の用語のみは日本固有のものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の軍毅の言及

【軍団】より

…モデルとした唐の折衝府(せつしようふ)は兵士訓練,中央衛府への兵士供給を主務としたのに対して,日本の軍団制は,軍事指揮権,兵士訓練権をもたない兵士徴発機構としての性格がつよく,また中央衛府(えふ)とのみ結びつくものでなく国内要地の守備兵,防人(さきもり),衛士(えじ),征軍兵士を供給した。軍団は兵士徴発・動員規模により,最大1000人規模,最大500人規模という2種類の編成式をもち,また引率兵士の多少に対応して軍毅(ぐんき)(大毅,少毅,毅),校尉(200人引率),旅師(100人引率),隊正(50人引率)の職員と主帳が配置されていた。軍毅は国内の有位者,勲位者などから選抜され外武官として官人の待遇をうけたが,校尉以下は兵士のうちから選抜され,校尉以下が国外への兵士引率の任に起用された率は少ない。…

【長上】より

…長上には,中央諸官庁や大宰府・諸国司などの四等官(しとうかん),また刑部省の大・中・少判事などのように,四等官に準ずる位置づけをもつ品官(ほんかん),および特殊な才能などによって,関係官庁に長上勤務を命ぜられた別勅・伎術長上があった。また地方の郡司四等官や軍団の下級指揮者である大・少毅(き)(軍毅)も長上であったが,ともに外長上(げちようじよう)とよばれ,この外長上と対比するとき,前者のグループは内長上とよばれた。【野村 忠夫】。…

※「軍毅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android