コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軒忍 ノキシノブ

デジタル大辞泉の解説

のき‐しのぶ【軒忍】

ウラボシ科の常緑多年生のシダ。樹皮や岩の上、屋根などに生え、根茎は横にはう。葉は細長く、長さ10~30センチ、裏面に円形の胞子嚢(ほうしのう)が2列に並んでつく。八目蘭(やつめらん)。いつまでぐさ。まつふうらん。しのぶぐさ。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

軒忍 (ノキシノブ)

学名:Lepisorus thunbergianus
植物。ウラボシ科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

軒忍の関連キーワード羊歯草子太草苔忍