てんごう(読み)テンゴウ

デジタル大辞泉の解説

てんごう〔てんがう〕

[名・形動]ふざけること。また、そのさま。いたずら。冗談。「てんごうを言う」
「―な手形を書き、無筆の母御を宥(なだ)めしが」〈浄・冥途の飛脚
[補説]語源未詳。「癲狂(てんごう)」からともいい、「転合」「転業」などの当て字を使うことがある。歴史的仮名遣いは不確実。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ころび‐あい ‥あひ【転合】

〘名〙 男女がひそかに、または親などの承認なしに肉体的関係を結び、仲人なしで夫婦となること。また、その夫婦。くっつきあい。
※俳諧・正章千句(1648)一「ててれふたので涼む尾籠さ 気づかひも夏山住のころびあひ」
※談義本・華鳥百談(1748)序「洗濯屋の娘、転合(コロビアヒ)の夫婦(めうと)中で」

ころび‐あ・う ‥あふ【転合】

〘自ハ四〙
① ころがり合ってぶつかる。いっしょにころぶ。
※平家(13C前)五「死人のしゃれかうべどもが、いくらといふかずもしらず庭にみちみちて、うへになりしたになり、ころびあひころびのき」
② 男女がひそかに、または親などの承認なしに肉体的関係を結び、仲人なしで夫婦になる。くっつきあう。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「衣きぬ山の帯のいはひに〈略〉昨日かもころびあいしか朝ぼらけ〈未学〉」

まろび‐あ・う ‥あふ【転合】

〘自ハ四〙 互いにころがる。ころがって寄りあう。特に男女が共寝することをいう。
※催馬楽(7C後‐8C)総角「あげまきや とうとう 尋(ひろ)ばかりや とうとう 離(さか)りて 寝たれども 万呂比安比(マロビアヒ)けり とうとう か寄り逢ひけり とうとう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android