コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入許可制 ゆにゅうきょかせい import licensing system

2件 の用語解説(輸入許可制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入許可制
ゆにゅうきょかせい
import licensing system

輸入にあたって国の許可を必要とする制度。 1980年 12月の外国為替及び外国貿易管理法 (外為法) 改正により輸入取引は原則として自由になったが,特定の原産地または船積み地からの特定の貨物や,輸入割当て制度 (IQ制) で輸入を制限されている貨物については通商産業大臣輸入承認などを受けねばならない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸入許可制
ゆにゅうきょかせい
import licensing

貨物を輸入するにあたって、税関に輸入申告をして輸入貨物に関して書類審査(必要のある場合は貨物に対する検査鑑定)を終えたあとで、輸入することを許可してもらう制度。輸入貨物は原則として保税地域に搬入され、そこで輸入(納税)申告が税関に対して行われる。税関は、有税品については関税納入後、また免税品や無税品についてはその決定後に、輸入許可書を申告者に交付する。
 この許可によって輸入貨物は外国貨物から内国貨物となり、国内で自由に流通させることができるようになる。輸入許可書は、輸入申告書の1通に許可の旨の表示がある税関印を押捺(おうなつ)して作成される。この輸入許可書を貨物の蔵置されている保税地域の監督職員に提示するとともに、「搬出届」を提出すれば、いつでも輸入貨物を国内に引き取ることができる。[鳥谷剛三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸入許可制の関連キーワードOGL要証事実自由漁業輸入申告書輸入割当制度百貨店法一時転用乗り合いバスと貸し切りバスクルスス・プブリクス営業許可

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輸入許可制の関連情報