コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰星 シンセイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐せい【×辰星】

天体総称。ほし。星辰
昔、時刻を示す基準となった明るい恒星。大犬座のシリウス星の類。
中国で、五星の一。水星異称
二十八宿の一。房(ぼう)。そいぼし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんせい【辰星】

ほし。星辰。
五星の一。水星の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の辰星の言及

【水星】より

…古代には,夕方見える水星と明け方見えるものとは別の星と考え,ギリシアでは日の出前に見えるときにはアポロン,日没後に見えるときにはヘルメスと呼んだ。古代中国では辰星と呼ばれた。太陽からの最大離角はわずか28゜と小さく,太陽から離れないのでこの惑星は夜明け前か日没直後にしか観測できない。…

※「辰星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辰星の関連キーワード阿部力大犬座九曜五星別名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android