コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農事実行組合 ノウジジッコウクミアイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農事実行組合
のうじじっこうくみあい

1932年(昭和7)に簡易法人化して、産業組合に加入を認められた農家小組合(こぐみあい)。農家小組合は、農業および農村に関する一般的事業を行う小組合と、養蚕、家畜、園芸、副業、出荷など特殊的事業を行う小組合とに区別される。いずれもほぼ集落を単位とする自発的申合せによる農事改良組織で、かつ農村協同組合である。
 農家小組合は明治中期より発達し、当初農会の指導の下に1920年代に急速に増加し、31年には全国総計で12万0242組合を数えるに至った。32年の産業組合法改正により農事実行組合に改組、産業組合の指導下に入るが、43年農業会の成立により行政官庁の統制下に置かれ、戦時農業統制の一環を担った。第二次世界大戦後、農業協同組合法の施行により解散された。[森 武麿]
『棚橋初太郎著『農家小組合の研究』(1955・産業図書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の農事実行組合の言及

【農山漁村経済更生運動】より

…〈農村部落ニ於ケル固有ノ美風タル隣保共助ノ精神ヲ活用シ其ノ経済生活ノ上ニ之ヲ徹底セシメ以テ農山漁村ニ於ケル産業及経済ノ計画的組織的刷新ヲ企図セザルベカラズ〉の訓令に見られるように,更生運動の特徴は,部落の〈隣保共助ノ精神〉を振興して農村経済の〈計画的・組織的刷新〉を図るところにあった。その中心には産業組合がすえられ,部落の下部組織としては農事実行組合が組織された。また〈隣保共助〉の実をあげるために精神更生が強調された。…

※「農事実行組合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農事実行組合の関連キーワード農山漁村経済更生運動農業動産信用法農事組合法人実行組合任意組合

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android