農林業センサス(読み)のうりんぎょうせんさす

デジタル大辞泉の解説

のうりんぎょう‐センサス〔ノウリンゲフ‐〕【農林業センサス】

農林業施策の基礎資料となる統計を作成・提供するために、農林水産省が農林業を営むすべての世帯・法人を対象に、5年ごとに行う統計調査
[補説]FAO(ファオ)国連食糧農業機関)の要綱に従って10年ごとに世界農林業センサスが実施され、その中間年に日本独自の調査が行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の農林業センサスの言及

【農業統計】より

… 農業統計には,(1)農林省(現,農林水産省)統計情報部(1972年に統計調査部を改組)の作成する統計,(2)農林水産省各部局の所管業務に関して作成する業務統計,(3)各種農業団体の作成する統計(全国農業会議所の作成する田畑売買価格及び小作料調査など),(4)都道府県庁などの作成する地方統計がある。これらのなかで最も重要な農業統計は農水省統計情報部の作成するものであり,その構成は,(1)農林業センサス,(2)生産・流通・消費量調査,(3)経済調査,(4)加工統計などの体系から成りたっている。農林業センサスは経済統計に関する国際条約により10年ごとに実施される世界農業センサスの一環として行われるもので,農林業に関する資源総量把握と農林家の性格把握を意図する悉皆(しつかい)調査であり,日本ではその中間年の5年ごとにも農業センサスが実施されている。…

※「農林業センサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農林業センサスの関連情報