コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺見じゅん ヘンミジュン

デジタル大辞泉の解説

へんみ‐じゅん【辺見じゅん】

[1939~2011]ノンフィクション作家・歌人。富山の生まれ。本名、清水真弓。父は角川源義(げんよし)。戦艦大和(やまと)の乗組員を描いたノンフィクション「男たちの大和」で新田次郎文学賞を受賞。シベリア抑留を描いた「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」では、講談社ノンフィクション賞と大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。他に歌集「闇の祝祭」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辺見じゅん へんみ-じゅん

1939-2011 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家,歌人。
昭和14年7月26日生まれ。角川源義(かどかわ-げんよし)の娘。昭和59年「男たちの大和」で新田次郎文学賞,63年「闇の祝祭」で現代短歌女流賞。「収容所(ラーゲリ)から来た遺書」で平成元年講談社ノンフィクション賞,2年大宅壮一ノンフィクション賞。14年幻戯書房設立,代表。19年短歌文芸誌「弦」を主宰。平成23年9月21日死去。72歳。富山県出身。早大卒。本名は清水真弓。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

辺見じゅんの関連キーワード男たちの大和 YAMATO収容所から来た遺書吉岡 隆徳原阿佐緒吉岡隆徳角川春樹大下弘

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android