辻原登(読み)つじはら のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「辻原登」の解説

辻原登 つじはら-のぼる

1945- 昭和後期-平成時代の小説家
昭和20年12月15日生まれ。同人誌「第二次文学共和国」に参加。一時休筆するが,昭和60年「犬かけて」で注目される。平成2年現代中国のを舞台に,時空をこえた人間の関係をえがいた「村の名前」で芥川賞。11年「翔(と)べ麒麟(きりん)」で読売文学賞。12年「遊動亭円木」で谷崎潤一郎賞。同年東海大教授。17年「枯葉の中の青い炎」で川端康成文学賞。19年「花はさくら木」で大仏(おさらぎ)次郎賞。22年「許されざる者」で毎日芸術賞。23年「闇の奥」で芸術選奨文部科学大臣賞。24年「韃靼(だったん)の馬」で司馬遼太郎賞。同年紫綬褒章。25年「冬の旅」で伊藤整文学賞。同年「熱い読書冷たい読書」で毎日出版文化賞。和歌山県出身。文化学院卒。本名は村上博。作品はほかに「黒髪」「家族写真」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android