辻原登(読み)つじはら のぼる

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「辻原登」の解説

辻原登 つじはら-のぼる

1945- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和20年12月15日生まれ。同人誌「第二次文学共和国」に参加。一時休筆するが,昭和60年「犬かけて」で注目される。平成2年現代中国のを舞台に,時空をこえた人間の関係をえがいた「村の名前」で芥川賞。11年「翔(と)べ麒麟(きりん)」で読売文学賞。12年「遊動亭円木」で谷崎潤一郎賞。同年東海大教授。17年「枯葉の中の青い炎」で川端康成文学賞。19年「花はさくら木」で大仏(おさらぎ)次郎賞。22年「許されざる者」で毎日芸術賞。23年「闇の奥」で芸術選奨文部科学大臣賞。24年「韃靼(だったん)の馬」で司馬遼太郎賞。同年紫綬褒章。25年「冬の旅」で伊藤整文学賞。同年「熱い読書冷たい読書」で毎日出版文化賞。和歌山県出身。文化学院卒。本名は村上博。作品はほかに「黒髪」「家族写真」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android