コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江朝廷 おうみちょうてい

1件 の用語解説(近江朝廷の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

近江朝廷【おうみちょうてい】

天智天皇弘文天皇大友皇子)の朝廷のこと。667年の近江大津宮への遷都から,672年の壬申の乱による廃都までの5年余。近江令の制定(疑問視する説もある),庚午年籍(こうごねんじゃく)の作成,太政大臣御史大夫(ぎょしたいふ)などの新官制の設置などにより中央集権化を推進,律令制成立の基礎を築いた。
→関連項目宇治橋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

近江朝廷の関連キーワード弘文天皇天武天皇伊賀宅子娘樟磐手坂本財中臣金藤原耳面刀自書薬木素貴子宅子娘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近江朝廷の関連情報