近江朝廷(読み)おうみちょうてい

百科事典マイペディアの解説

近江朝廷【おうみちょうてい】

天智天皇・弘文天皇(大友皇子)の朝廷のこと。667年の近江大津宮への遷都から,672年の壬申の乱による廃都までの5年余。近江令の制定(疑問視する説もある),庚午年籍(こうごねんじゃく)の作成,太政大臣・御史大夫(ぎょしたいふ)などの新官制の設置などにより中央集権化を推進,律令制成立の基礎を築いた。
→関連項目宇治橋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android