コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江朝廷 おうみちょうてい

百科事典マイペディアの解説

近江朝廷【おうみちょうてい】

天智天皇・弘文天皇(大友皇子)の朝廷のこと。667年の近江大津宮への遷都から,672年の壬申の乱による廃都までの5年余。近江令の制定(疑問視する説もある),庚午年籍(こうごねんじゃく)の作成,太政大臣・御史大夫(ぎょしたいふ)などの新官制の設置などにより中央集権化を推進,律令制成立の基礎を築いた。
→関連項目宇治橋

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

近江朝廷の関連キーワード近江大津宮錦織遺跡田中足麻呂蘇我赤兄羽田八国大伴吹負石上麻呂朴井雄君大野東人中臣金民小鮪栗隈王高坂王斥候

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android