コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤守重 こんどう もりしげ

2件 の用語解説(近藤守重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤守重 こんどう-もりしげ

近藤重蔵(こんどう-じゅうぞう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近藤守重
こんどうもりしげ
(1771―1829)

江戸後期の幕吏、北地探検家。通称は重蔵(じゅうぞう)、号は正斎(せいさい)、昇天道人。明和(めいわ)8年幕府与力(よりき)の子として江戸に生まれる。1798年(寛政10)幕府蝦夷(えぞ)地調査隊に加わり、択捉(えとろふ)島に渡り、「大日本恵登呂府」の標柱を建てる。以後1808年(文化5)松前奉行(まつまえぶぎょう)付出役から書物奉行に転出するまで蝦夷地に関係し、千島方面を探検すること数回、択捉島への渡航路や同島の漁場開設などを指揮し、千島開拓の基礎を築いた。また、西蝦夷地調査にも従事し、現在の札幌の地を蝦夷地警備の拠点とする意見を具申し、1500巻を下らないという書物を著している。長男富蔵(とみぞう)の殺傷事件のため大溝(おおみぞ)藩に預けられ、文政(ぶんせい)12年6月9日没した。[小林真人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の近藤守重の言及

【外蕃通書】より

…27巻,目録1巻。編者は幕臣の近藤守重(重蔵)で,書物奉行(1808‐19)のとき,紅葉山文庫所蔵の外交文書を中心に編纂して,幕府に献上した。初期幕府外交の重要史料。…

【近藤重蔵】より

…近世後期の北方探検家。名は守重,通称は重蔵,号は正斎。1795‐97年(寛政7‐9),長崎奉行出役として海外知識を深め,蝦夷地警衛の重要性を幕府に建言,98年目付渡辺久蔵らの蝦夷地視察の一行に加わり,翌99年蝦夷地御用掛が設けられると,その配下に属し,数回にわたり蝦夷地・千島方面を探検し,特に高田屋嘉兵衛の協力を得てエトロフ航路を開き,1802年(享和2)エトロフ島でロシアの標柱を廃し,〈大日本恵登呂府〉の木標を立てるなど,ロシアの南下に対する北辺の防備・開拓に尽力した。…

【紅葉山文庫】より

…39年,紅葉山に移し,以後,文庫の増設,蔵書の収集,中国書籍の購入,家宣の桜田文庫本併収,佐伯毛利氏の進献本などにより充実されて明治に至った。書目の改正も1680年(延宝8),1716年(享保1)の林家(りんけ)による目録作成,享和(1801‐04)の新訂書目,1815年(文化12)の近藤守重(重蔵),天保期(1830‐44)の林韑(あきら)(復斎)による重訂御書籍目録,元治期(1864‐65)の改正などが行われた。天保年間の調査で,漢書総数4738部(6万6821冊余),国書総数592部(4509冊余)に及び,金沢文庫・足利学校伝来本,慶長勅版,幕府歴世の記録など貴重書が多い。…

※「近藤守重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近藤守重の関連キーワード近藤滋賀県高島市勝野稲田重蔵近藤耕蔵近藤次郎太郎近藤宗三近藤昶近藤登之助夏目重蔵吉田重蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone