コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤重蔵 こんどうじゅうぞう

9件 の用語解説(近藤重蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近藤重蔵
こんどうじゅうぞう

[生]明和8(1771)
[没]文政12(1829).近江
江戸時代末期の北方探検家。名は守重,通称は重蔵,号は正斎。父の跡を継いで町与力を務め,そののち長崎奉行出役,支配勘定を経て関東郡代付出役などを歴任。寛政 10 (1798) 年に蝦夷地御用を命じられ,国後島択捉島などを探検。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんどう‐じゅうぞう〔‐ヂユウザウ〕【近藤重蔵】

[1771~1829]江戸後期の幕臣。北方探検家。名は守重。寛政10年(1798)松前蝦夷地御用役として、蝦夷地を探検し、択捉(えとろふ)に「大日本恵土呂府」の木標を建てた。のち、書物奉行。著「辺要分界図考」「宝貨通考」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

近藤重蔵【こんどうじゅうぞう】

江戸後期の北方探検家。名は守重(もりしげ)。号は正斎(せいさい)。長崎出役時代に海外知識を広め,幕府に蝦夷(えぞ)地警備の重要性を建言。1798年蝦夷地視察の一行に加わり,1799年松前蝦夷地御用となって以降蝦夷地・千島方面を探検,高田屋嘉兵衛の協力を得て択捉(えとろふ)航路を開く。
→関連項目清俗紀聞八丈実記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤重蔵 こんどう-じゅうぞう

1771-1829 江戸時代後期の武士,探検家。
明和8年2月21日生まれ。幕臣。寛政10年松前蝦夷(えぞ)地御用となり,最上徳内(もがみ-とくない)の先導で千島列島などを踏査,択捉(えとろふ)島に「大日本恵土呂府」の標識をたてる。のち書物奉行,大坂弓奉行などを歴任。長男富蔵が殺傷事件をおこしたため,文政10年近江(おうみ)(滋賀県)大溝藩預けとなった。文政12年6月16日死去。59歳。名は守重。号は正斎。著作に「金銀図録」「巡夷録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

近藤重蔵

没年:文政12.6.16(1829.7.16)
生年:明和8(1771)
江戸後期の北方探検家,幕臣。号,正斎。没日は9日説もある。父の跡を継いで与力となり,のち学問吟味に合格。寛政10(1798)年最上徳内と択捉島に渡り,その北端に「大日本恵土呂府」の国標を建てた。帰途,日高海岸の道が危険なので私費を投じて山道を開いた。蝦夷地開道の初めという。翌年,高田屋嘉兵衛に択捉行きの航路を開かせ,島のアイヌに物品,漁具を給し,蝦夷を村方と呼ばせ,日本の風俗を勧めた。ために移住者を増し,生産高も大いに上がった。各地に義経伝説のあるのを知り,木像を寄進した。日高の平取町の義経神社がそれである。文化4(1807)年利尻島巡視の帰路,石狩川筋を探査し,全島の本拠地を石狩に置くべきことを建議した。札幌市の端緒である。博学で著述も多く,書物奉行に挙げられたが,その子の犯した罪により近江(滋賀県)大溝藩預かりとなり,不遇のうちにそこで没した。<著作>『近藤正斎全集』全3巻<参考文献>北海道庁『北海道開拓功労者関係資料集録』上

(井黒弥太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

近藤重蔵

1771〜1829(明和8年〜文政12年)【探検家】エトロフ島、利尻島を探索した北方探検家。 江戸後期の北方探検家にして書誌学者。江戸駒込で与力の家に生まれ、名は守重、号を正斎と称した。1798年、松前蝦夷地御用取扱となり、最上徳内らと択捉(エトロフ)島に渡り、「大日本恵登呂府」の標柱を立てた。前後5回にわたり北蝦夷・千島列島も探査し、その後書物奉行になった。著書に「右文故事」・「外蕃通書」・「正斎雑記」など。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こんどうじゅうぞう【近藤重蔵】

1771‐1829(明和8‐文政12)
近世後期の北方探検家。名は守重,通称は重蔵,号は正斎。1795‐97年(寛政7‐9),長崎奉行出役として海外知識を深め,蝦夷地警衛の重要性を幕府に建言,98年目付渡辺久蔵らの蝦夷地視察の一行に加わり,翌99年蝦夷地御用掛が設けられると,その配下に属し,数回にわたり蝦夷地・千島方面を探検し,特に高田屋嘉兵衛の協力を得てエトロフ航路を開き,1802年(享和2)エトロフ島でロシアの標柱を廃し,〈大日本恵登呂府〉の木標を立てるなど,ロシアの南下に対する北辺の防備・開拓に尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こんどうじゅうぞう【近藤重蔵】

1771~1829) 江戸後期の北方探検家。名は守重。江戸の人。松前蝦夷地えぞち御用として北海道に赴き、ロシアの南下に対抗して北蝦夷(サハリン)・千島列島へ数次にわたる探検を重ね、択捉えとろふ島に「大日本恵土呂府」の標柱を建てた。のち書物奉行。編著「外蕃通書」「辺要分界図考」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近藤重蔵
こんどうじゅうぞう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の近藤重蔵の言及

【千島列島】より

… 幕府もこのころから北方への関心を強め,85年(天明5),86年山口鉄五郎,最上徳内らを千島調査に派遣し,最上徳内はウルップ島まで探検して同島以北のロシア人の動向について情報を得た。その後,89年(寛政1)国後・目梨地方(メナシはアイヌ語で〈東〉の意で,現在の目梨・標津(しべつ)両郡の沿岸地区)のアイヌが蜂起したこともあって(国後・目梨の戦),98年幕府は再度千島を調査し,近藤重蔵が択捉島に〈大日本恵登呂府〉の標柱を建てた。翌99年東蝦夷地とともに千島を幕府直轄領とし,1800年高田屋嘉兵衛に命じて択捉島に漁場を開かせるとともに,同島に郷村制を実施してアイヌの同化策を進めた。…

【八丈実記】より

…全69巻のほか拠巻と称する稿本が残る。富蔵は北方探検家近藤重蔵の長男で,殺人罪を犯して1827年(文政10)流刑にあい,島で生活するうち八丈島に深い愛着をもつようになった。48年(嘉永1)ころから島内の古文書,古記録を精査し,自分の見聞を加えて地理,沿革,貢税,土産,船舶などの編にまとめあげ,58年(安政5)ころに一応完成したとみられる。…

【紅葉山文庫】より

…江戸時代,幕府が江戸城内紅葉山に設置し,蔵書を収めた文庫。楓山文庫とも書き,紅葉山秘閣とも称した。徳川家康が1602年(慶長7)6月に城内富士見亭に古書,古記録を収蔵したのが起源で,のち駿府文庫本の移管があり,33年(寛永10)には書物奉行(4名)に管理させた。39年,紅葉山に移し,以後,文庫の増設,蔵書の収集,中国書籍の購入,家宣の桜田文庫本併収,佐伯毛利氏の進献本などにより充実されて明治に至った。…

※「近藤重蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近藤重蔵の関連キーワード星野文良多賀谷向陵徳川勝長小堀宗中岩井正斎木村謙次藤村正斎Davis,J.(探検家)デービス,J.(米,探検家)デービス,J.(英,探検家)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近藤重蔵の関連情報