コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤長次郎 こんどう ちょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤長次郎 こんどう-ちょうじろう

1838-1866 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)9年1月6日生まれ。安積艮斎(あさか-ごんさい)に儒学を,高島秋帆(しゅうはん)に砲術を,勝海舟航海術をまなぶ。坂本竜馬(りょうま)が組織した亀山(かめやま)社中に参加。社中の定めに反し,ひそかにイギリス留学を計画したことが発覚し,慶応2年1月14日切腹した。29歳。土佐(高知県)出身。名は昶(ちょう)。字(あざな)は子長。号は藤陰,梅花道人。別名に上杉宗次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

近藤長次郎

没年:慶応2.1.14(1866.2.28)
生年:天保9(1838)
高知城下で饅頭屋を営む商人大黒屋伝次の子。幼より向学心高く,万延1(1860)年,藩士由比猪内の従僕として江戸に上り,儒学を安積艮斎に,洋学を手塚玄海に,砲術を高島秋帆に学び,文久3(1863)年藩庁より学問精励と器量を評価され苗字帯刀,さらに勝海舟の門弟となり神戸海軍操練所にて航海術を修業した。時に坂本竜馬との関係密になり,長崎の亀山社中(のちの海援隊)に投じ,慶応1(1865)年長州(萩)藩のために軍艦・ユニオン号購入を斡旋,長州藩主より報償金を得,同時に英国留学の機会を提供された。社中に諮らずに長崎を出帆しようとしていることが発覚,掟に従い切腹して果てた。<参考文献>吉村淑甫『近藤長次郎』

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

近藤長次郎 (こんどうちょうじろう)

生年月日:1838年1月6日
江戸時代末期の商人大黒屋伝次の子;勝海舟の門弟
1866年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

近藤長次郎の関連キーワード高知県高知市上町生年月日近藤昶運動家尊攘

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android