コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迦旃延(読み)カセンネン

大辞林 第三版の解説

かせんねん【迦旃延】

Kātyāyana〕 釈迦十大弟子の一人。論議第一といわれた。摩訶迦旃延。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迦旃延
かせんねん

紀元前5、6世紀ごろのインドの仏教僧。仏陀(ぶっだ)(釈迦(しゃか))の十大弟子の一人。サンスクリット名はカーティヤーヤナKtyyana、パーリ名はカッチャーナKaccnaまたはカッチャーヤナKaccyanaという。詳しくはマハーMah(「大」の意)の語をつけて、大迦旃延あるいは摩訶(まか)迦旃延と訳す。西インドのアバンティAvanti国の出身。仏陀の弟子となり、阿羅漢(あらかん)の悟りを得た。弟子のなかで、仏の教えを詳細に解説する第一人者(論議第一)といわれ、とくにアバンティ地方の伝道教化に大きな功績を残した。[藤田宏達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android