いびる

大辞林 第三版の解説

いびる

( 動五[四] )
弱い立場の者を陰湿にいじめる。 「新入社員を-・る」
無理を言って困らせる。 「又おとつさんを-・るだらうから/人情本・娘節用」
時間をかけてじわじわ熱する。〔節用集 文明本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

いび・る

[動ラ五(四)]
弱い立場の人をいじめて苦しめる。しいたげて苦しめる。「新人を―・る」
無理を言って困らせる。せがむ。ねだる。
「又おとっさんを―・るだらうから」〈人・娘節用・後〉
あぶる。焼く。
「灰ニ―・ル」〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いびるの関連情報