コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虐げる シイタゲル

デジタル大辞泉の解説

しいた・げる〔しひたげる〕【虐げる】

[動ガ下一][文]しひた・ぐ[ガ下二]《「しえたげる」の音変化》むごい扱いをして苦しめる。虐待する。いじめる。「異教徒を―・げる」

しえた・げる〔しへたげる〕【虐げる】

[動ガ下一][文]しへた・ぐ[ガ下二]
しいたげる」に同じ。
「―・げられた定基の若妻に同情し」〈露伴・連環記〉
うち負かす。征服する。
「御方(みかた)追ひ落とされて、敵(かたき)を―・ぐるに及ばず」〈平家・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しいたげる【虐げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 しひた・ぐ
〔「しへたぐ」の転〕
むごい扱いをして苦しめる。虐待ぎやくたいする。 「領民を-・げる」 「動物を-・げる」

せたげる【虐げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 せた・ぐ
〔中世・近世語〕
ひどい目にあわせる。 「万人を悩まし兆民を-・げ/太閤記」
催促する。せきたてる。せっつく。 「さあとく〱と-・ぐれば/洒落本・大抵御覧」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

虐げるの関連キーワード旧二本松藩戒石銘碑洒落本太閤記酷吏領民兆民

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虐げるの関連情報