退蔵院(読み)たいぞういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

退蔵院
たいぞういん

京都市右京区にある臨済宗妙心寺派大本山妙心寺塔頭 (たっちゅう) の1つ。応永 11 (1404) 年,波多野重通が妙心寺3世無因宗因に帰依して城内に建てたのが始り。寺宝如拙筆,墨画淡彩『瓢鮎図』 (室町時代) は国宝。枯山水の庭園は,室町時代の画家狩野元信が造営したもので,回遊式と鑑賞式を兼ねた名園として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たいぞういん【退蔵院】

京都市右京区にある妙心寺の塔頭たつちゆうの一。開山は無因宗因。如拙じよせつの「瓢鮎図ひようねんず」を蔵し、狩野元信作と伝える蓬萊枯山水庭園がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退蔵院の関連情報