コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢鮎図 ひょうねんず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瓢鮎図
ひょうねんず

室町時代の画家如拙代表作で妙心寺退蔵院蔵。国宝。鮎は (なまず) 。瓢箪で鯰を押えるという禅の公案図で,もとは足利義持の座頭屏風。院体的な山水の構成が注目される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうねんず【瓢鮎図】

水墨画。如拙筆。画は瓢簞ひようたんで鮎なまずを押さえるという禅の公案を題材にしたもので、図上に大岳周崇ほか三〇人の禅僧の賛と応永22年(1415)の年紀がある。国宝。京都退蔵院蔵。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

瓢鮎図の関連キーワード京都府京都市右京区花園妙心寺町室町時代水墨画年紀

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓢鮎図の関連情報