逆性セッケン(石鹸)(読み)ぎゃくせいせっけん

百科事典マイペディアの解説

逆性セッケン(石鹸)【ぎゃくせいせっけん】

陽性セッケンとも。陽イオン部分が界面活性作用をもつセッケン。普通のセッケンが陰イオン界面活性作用を示すのに対していう。洗浄力はないが殺菌力が強く,溶血作用もあり,殺菌・消毒・防腐剤として広く利用される。→陽イオン界面活性剤
→関連項目殺菌剤薬用セッケン(石鹸)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android