逆性セッケン(石鹸)(読み)ぎゃくせいせっけん

百科事典マイペディアの解説

逆性セッケン(石鹸)【ぎゃくせいせっけん】

陽性セッケンとも。陽イオン部分が界面活性作用をもつセッケン。普通のセッケンが陰イオン界面活性作用を示すのに対していう。洗浄力はないが殺菌力が強く,溶血作用もあり,殺菌・消毒・防腐剤として広く利用される。→陽イオン界面活性剤
→関連項目殺菌剤薬用セッケン(石鹸)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android