コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆性石鹸 ぎゃくせいせっけんinvert soap

2件 の用語解説(逆性石鹸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆性石鹸
ぎゃくせいせっけん
invert soap

陽性石鹸あるいはカチオン活性剤とも呼ばれる。普通の石鹸分子は陰イオンとなる部分が長い炭素鎖からできているのに対し,陽イオンとなる部分が長い炭素鎖からできている石鹸をいう。 RNH3+Cl- または RN(CH3)3+Cl- の一般式で表わされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゃくせい‐せっけん〔‐セキケン〕【逆性石×鹸】

普通のものとは逆に、水中で陽イオンとなり、その部分が界面活性作用をもつ石鹸。洗浄作用は弱いが、強い殺菌力とたんぱく質沈殿作用があり、医療消毒などに用いられる。陽性石鹸

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone