逆性石鹸(読み)ぎゃくせいせっけん(英語表記)invert soap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆性石鹸
ぎゃくせいせっけん
invert soap

陽性石鹸あるいはカチオン活性剤とも呼ばれる。普通の石鹸分子は陰イオンとなる部分が長い炭素鎖からできているのに対し,陽イオンとなる部分が長い炭素鎖からできている石鹸をいう。 RNH3+Cl- または RN(CH3)3+Cl- の一般式で表わされる。乳化剤,繊維の防水剤,柔軟剤として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゃくせい‐せっけん〔‐セキケン〕【逆性石×鹸】

普通のものとは逆に、水中で陽イオンとなり、その部分が界面活性作用をもつ石鹸。洗浄作用は弱いが、強い殺菌力とたんぱく質沈殿作用があり、医療消毒などに用いられる。陽性石鹸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android