コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆性石鹸 ぎゃくせいせっけんinvert soap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆性石鹸
ぎゃくせいせっけん
invert soap

陽性石鹸あるいはカチオン活性剤とも呼ばれる。普通の石鹸分子は陰イオンとなる部分が長い炭素鎖からできているのに対し,陽イオンとなる部分が長い炭素鎖からできている石鹸をいう。 RNH3+Cl- または RN(CH3)3+Cl- の一般式で表わされる。乳化剤,繊維の防水剤,柔軟剤として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゃくせい‐せっけん〔‐セキケン〕【逆性石×鹸】

普通のものとは逆に、水中で陽イオンとなり、その部分が界面活性作用をもつ石鹸。洗浄作用は弱いが、強い殺菌力とたんぱく質沈殿作用があり、医療消毒などに用いられる。陽性石鹸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

逆性石鹸の関連キーワードベンザルコニウムベンゼトニウム法定消毒剤消毒薬

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆性石鹸の関連情報