課税物件(読み)かぜいぶっけん(英語表記)tax objects

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「課税物件」の解説

課税物件
かぜいぶっけん
tax objects

法律によって課税対象と定められた所得財産文書行為などをいう。たとえば,所得税および法人税においては所得,相続税においては相続財産固定資産税においては土地家屋償却資産などである。課税客体といわれることもある (地方税法 342) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「課税物件」の解説

かぜい‐ぶっけん〔クワゼイ‐〕【課税物件】

課税の対象とされる物や行為、または事実所得税における個人の所得、酒税法における酒類、消費税における資産譲渡等(国内で事業者が事業として有償で行う商品の販売・資産の貸し付け・サービスの提供)など。課税客体。租税客体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「課税物件」の解説

かぜい‐ぶっけん クヮゼイ‥【課税物件】

〘名〙 租税を課す対象となる物、行為、その他の事実。たとえば、所得税における一定の所得、財産税における資本または財産の所有など。租税客体。〔現代文化百科事典(1937)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の課税物件の言及

【課税標準】より

…課税要件の一つ。納税義務者が最終的に税額を納付するための要件を課税要件というが,これは,課税主体(だれが納税義務者か),課税客体または課税物件(何に課税するか),帰属(課税物件はだれに属するか),課税標準および税率から構成される。課税物件は,納税義務者の担税力の指標を示すもの,すなわち経済的事象または状態である。…

※「課税物件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android