コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通蔵主 つうぞうす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通蔵主 つうぞうす

?-1443 室町時代の僧。
後亀山天皇の皇子とも,世明王(説成(かねなり)親王の子)の王子ともいわれる。嘉吉(かきつ)3年南朝の遺臣や日野有光らにかつがれ,弟金蔵主(こんぞうす)とともに京都御所をおそう(禁闕(きんけつ)の変)。神剣・神璽をうばったが捕らえられ,四国へ流される途中,同年10月摂津大田で死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

通蔵主の関連キーワード後亀山天皇尊秀王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android