コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通関 ツウカン

デジタル大辞泉の解説

つう‐かん〔‐クワン〕【通関】

[名](スル)貨物の輸出入をしようとする者が法定の手続きを経て税関長の許可を受けること。また、その貨物が税関を通過すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうかん【通関】

( 名 ) スル
関税法に従って、貨物の輸出入について税関の許可を受けること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通関の関連キーワード輸出物価指数・輸入物価指数金井昭雄会長と難民支援サンルイスリオコロラドインビジブルトレード内外フォワーディングカスタム・ブローカーカスタムブローカーシウダードフアレスレークチャールズインランドポート貿易手続き電子化日本商事仲裁協会貿易インバランス日本外国貿易統計領海と接続水域富士ロジテックバーリントンクリアランスIMFベース即時通関制度

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通関の関連情報