コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連環画 れんかんが

2件 の用語解説(連環画の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

れんかんが【連環画】

中国で、絵本。多くの画面に簡単な説明を加えて歴史故事・物語などを表す形式。二〇世紀初葉、上海におこる。小人書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れんかんが【連環画 lián huán huà】

現代中国で行われている連続絵物語。もともと中国では書物の挿絵が早くから発達する一方,民間には文字の読めない庶民を啓蒙するための通俗な宣伝画のようなものが存在した。今世紀30年代になって,革命宣伝の必要からこの伝統が見直され,魯迅などの努力でこれに改良が加えられはじめた。新中国になると,専門の雑誌《連環画報》なども創刊され(1951),専門の画家も多数輩出し,絵画,版画,文学などが結びついた独自の芸術領域を形成し,国外で展覧会も行われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連環画の関連キーワード呉楽卜筮絵物語鋼片肉醤続絵貔貅くれ竹手紙ぺん 蒔絵物語くれ竹万年毛筆 蒔絵物語武家相撲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連環画の関連情報