進達(読み)シンタツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐たつ【進達】

[名](スル)
上申書など、下からの書類を取り次いで上級官庁に届けること。「建議書進達する」
進歩・向上させること。また、進歩・向上すること。
「健康を―して以て生命を保全するは」〈西周明六雑誌三八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんたつ【進達】

( 名 ) スル
〔「しんだつ」とも〕
官庁への上申などを取り次いで届けること。
よくなるように進んで努力すること。また、進歩・上達すること。 「嘗て西洋に游学し志業も-し/新聞雑誌 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐たつ【進達】

〘名〙
① 下級の行政機関から上級の行政機関に対し、一定の事項を通知し、または一定の書類を届けること。
※御触書天保集成‐七五・寛政三年(1791)二月「寺社奉行え 寺社奉行御役追々無益之手数懸り、〈略〉進伺等之書付も、可成丈は手数不掛様に被談」
② 努力して上達させること。自分から進んでよくなるようにすること。また、進歩すること。
※新聞雑誌‐五号・明治四年(1871)六月「甞て西洋に游学し志業も進達(シンダツ)し」
③ 推薦して立身させること。上役にすすめて出世させること。〔礼記‐儒行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android