コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進達 シンタツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐たつ【進達】

[名](スル)
上申書など、下からの書類を取り次いで上級官庁に届けること。「建議書を進達する」
進歩・向上させること。また、進歩・向上すること。
「健康を―して以て生命を保全するは」〈西周明六雑誌三八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんたつ【進達】

( 名 ) スル
〔「しんだつ」とも〕
官庁への上申などを取り次いで届けること。
よくなるように進んで努力すること。また、進歩・上達すること。 「嘗て西洋に游学し志業も-し/新聞雑誌 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

進達の関連キーワード日本弁護士連合会宣教師追放令納払明細帳副状∥添状唐蛮貨物帳進達書郷帳秘書上申志業孳孳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android