過客(読み)かかく

精選版 日本国語大辞典「過客」の解説

か‐かく クヮ‥【過客】

〘名〙
旅人
※蕉堅藁(1403)姑蘇台「姑蘇台上北風吹、登臨日暮時」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)旅立「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」 〔李白‐春夜宴従弟桃李園
② 訪問の客。来客。
※艸山集(1674)一七・山居「白雲不厭野僧愛、明月何容過客親」 〔韓非子‐五蠧〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「過客」の解説

【過客】か(くわ)かく

旅人。・李白〔春夜桃李園に宴する序〕(そ)れ天地物の光陰は百代の客なり。(ごと)し。を爲すこと何(いくばく)ぞ。

字通「過」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android