コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道央自動車道 どうおうじどうしゃどう

1件 の用語解説(道央自動車道の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

道央自動車道【どうおうじどうしゃどう】

北海道の二海郡八雲町から室蘭市・苫小牧市・千歳市・札幌市を経て旭川市・剣淵町までを結ぶ高速自動車国道のこと。総延長は376km。千歳市で道東自動車道,札幌市で札樽自動車道に接続する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の道央自動車道の言及

【北海道縦貫・横断自動車道】より

…名寄~稚内,釧路~根室,端野~網走の各区間を除く1026kmについて基本計画が決定ずみであり,そのうち整備計画区間は七飯~名寄,小樽~札幌,千歳~釧路,本別~北見の各区間(計866km)である。開通区間は虻田洞爺湖~旭川鷹栖間(道央自動車道270km),小樽~札幌間(札樽(さっそん)自動車道38km),十勝清水~池田間(道東自動車道50km)である(1997年現在)。開通区間の交通量は,道央自動車道が1日平均約9万6000台,札樽自動車道が同約5万6000台(1996年度)。…

※「道央自動車道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道央自動車道の関連情報