道央自動車道(読み)どうおうじどうしゃどう

精選版 日本国語大辞典の解説

どうおう‐じどうしゃどう ダウアウジドウシャダウ【道央自動車道】

北海道縦貫自動車道の通称函館市から、室蘭苫小牧(とまこまい)・札幌・岩見沢・旭川の各市を経て、稚内(わっかない)市に至る。千歳・札幌間は北海道横断自動車道と重用。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の道央自動車道の言及

【北海道縦貫・横断自動車道】より

…名寄~稚内,釧路~根室,端野~網走の各区間を除く1026kmについて基本計画が決定ずみであり,そのうち整備計画区間は七飯~名寄,小樽~札幌,千歳~釧路,本別~北見の各区間(計866km)である。開通区間は虻田洞爺湖~旭川鷹栖間(道央自動車道270km),小樽~札幌間(札樽(さっそん)自動車道38km),十勝清水~池田間(道東自動車道50km)である(1997年現在)。開通区間の交通量は,道央自動車道が1日平均約9万6000台,札樽自動車道が同約5万6000台(1996年度)。…

※「道央自動車道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道央自動車道の関連情報